モミジオブメープル裏番組

アクセスカウンタ

zoom RSS 編集中

<<   作成日時 : 2008/03/30 18:05   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

高神喜一郎:
こんばんは

芝村:
記事どうぞ

高神喜一郎:
はい、その前にひとつ確認したいことがあるのですが
よろしいでしょうか?

芝村:
どうぞ

高神喜一郎:
ありがとうございます
感情値の変化が、1度目の冒険の時点で+3+2と認識していたのですが、同行者がいたのでそのゲームでは友情がキャップされてあがらなかったという認識でよろしいでしょうか?

芝村:
そだね

高神喜一郎:
また、その際+2+2でも+3+2でも前回のゲームで評価は+4+4となります

芝村:
はい

高神喜一郎:
了解です、ありがとうございます。
記事はこちらになります


1月28日23時から1時間のゲームの予約確定を申告させていただきます。

【予約者の名前】2400458:高神喜一郎:紅葉国
【実施予定日時】1月28日/23:00〜24:00
【ゲームの種別】小笠原ゲーム
【イベントの種別:消費マイル】
・ミニイベント1時間:10マイル
【召喚ACE】(※小笠原のみ)
・バロ:非滞在ACE:0
【合計消費マイル】計10マイル
【参加者:負担するマイル】
・2400458:高神喜一郎:紅葉国:仮入学(既):10マイル

以上よろしくお願いいたします。

非滞在ACEのバロ召喚マイルが0の根拠は以下のURLになります。

http://blog.tendice.jp/200707/article_70.html


高神喜一郎:
http://cwtg.jp/ogasawara/wforum.cgi?no=1130&reno=1013&oya=1013&mode=msgview
URLはこちらです

芝村:
はい。2分ほどお待ちください

高神喜一郎:
はい、あ、イベントの選択はよろしかったでしょうか?
また、今回も服装を書いてきたのですが今お渡ししてもよろしいでしょうか?

芝村:
どうぞ

高神喜一郎:
ありがとうございます
http://satellites.velvet.jp/island/id_uploader/img/070.jpg
http://satellites.velvet.jp/island/id_uploader/img/071.jpg
http://satellites.velvet.jp/island/id_uploader/img/072.jpg
http://satellites.velvet.jp/island/id_uploader/img/073.jpg
本日の服装です


/*/


芝村:
小笠原に着きました。

高神喜一郎@紅葉 :
はい

芝村 :
静かな海辺にいる

高神喜一郎@紅葉 :
波の音に耳を傾けます

視線をめぐらせて、バロを探しながら

芝村 :
バロいるね。歩いてくる

高神喜一郎@紅葉 :
走りよって、抱きつきます

芝村 :
バロ:「どうした?」

高神喜一郎@紅葉 :
抱きついたまま見上げます「バロに会えたのが、嬉しくて」

芝村 :
バロ:「そうか。それは良かった」

バロ:「見るたび女らしくなるなあ」

バロは苦笑した

バロは貴方の頭をなでた。

バロ:「まあいいか」

高神喜一郎@紅葉 :
「ありがとうございます。今日は、どこへ行きましょう?」

芝村 :
バロ:「洒落た格好をしたくてな。服を選んでもらいたい。あとは女が喜びそうな贈り物を」

高神喜一郎@紅葉 :
「なるほど。あまり自信はないですが、バロに似合う服を見つけることくらいならお手伝いできそうです」にっこり笑います

芝村 :
バロ:「ははは」

バロは嬉しそうに笑った。

高神喜一郎@紅葉 :
服屋さんはありますか?>芝村さん

芝村 :
ありますよ

高神喜一郎@紅葉 :
えーと、では、そちらの方へ向かいます。何件ぐらいあるでしょうか?

芝村 :
2軒ほど

カジュアルなのと、正装だ

高神喜一郎@紅葉 :
了解です、ありがとうございます

「バロ、洒落た格好というか、どこに着ていく服を…というような希望はありませんか?」

芝村 :
バロ:「女が喜ぶようなものを」

バロ:「俺に当たる女が少しでも喜ぶよう似」

高神喜一郎@紅葉 :
「なるほど。その女性の好みとかは、分かりますか?二人並んで歩くときにばらばらでは、少しあじけないでしょう?」

芝村 :
バロ:「それがな。くじ引きなのだ」

バロ:「こればかりはどうにもならん」

高神喜一郎@紅葉 :
「まぁ、私はバロが来てくれるなら何を着ていても嬉しいので、あまり参考になれないかもしれませんが。」ちょっと笑います

「くじびき、ですか」目を丸くします

芝村 :
バロ:「ま、俺が女のことを考えるよりはましだろうよ」

高神喜一郎@紅葉 :
「そんなことも無いとは思いますが…。まぁ人には向き不向きがありますしね。」

「くじびきで、女性に当たる、ということは、合同コンパとかいうやつですか。」

芝村 :
バロ:「合同なんたらを俺はしらん」

どんな格好をさせる?

高神喜一郎@紅葉 :
「男の人と女の人が、数人ずつのグループでお話するんですよ。うーん、だったら、カジュアルな方がいいですかね。」

カジュアルな方の店に、手を引いて入ります

芝村 :
入った。

チョイワル親父系でもなんでも似合いそうだな

高神喜一郎@紅葉 :
ですね笑 「好みの色なんかは、あります?」

芝村 :
バロ:「お前の好きな色は?」

高神喜一郎@紅葉 :
「私の、ですか。…バロの髪の色が好きです。」

芝村 :
バロ:「ではその色が俺の好きな色だ」

バロ:「服を選んでくれ」

高神喜一郎@紅葉 :
「一緒ですね」嬉しそうに笑います「それでは黒色の服を」

どんな服があるでしょうか>芝村さん

芝村 :
おおよそ貴方がリクエストする全部が手に入る

高神喜一郎@紅葉 :
おお、素敵なお店ですね。ええとでは、とりあえず黒地に喜一郎の髪の色(金)で模様の入っているシャツを探します。

芝村 :
あったよ。

高神喜一郎@紅葉 :
「あぁいけない、大事なことを忘れてました。気温はわかりますか?」服をバロに当ててサイズを見ながらたずねます

芝村 :
竜とか虎とか、あるいは小さな花模様だね

バロ:「冬だな」

高神喜一郎@紅葉 :
では小さな花模様の服でサイズを探します 「じゃあ上着が必要ですね。」

芝村 :
バロ:「ああ」

高神喜一郎@紅葉 :
「マフラーなんかも、買っておきますか。サングラスとかも似合いそうですよね」うきうきしながら黒い厚手のスラックスとちょっと薄い黒の重そうなジャケットを手に取ります

芝村 :
バロは笑ってる

バロ:「働き者の副官がいて嬉しい」

高神喜一郎@紅葉 :
「いつか働き者の彼女と呼んでもられば、嬉しいですね」笑い返します。サイズを確認しながら

芝村 :
バロ:「彼女言うか。もう女だろう」

高神喜一郎@紅葉 :
「あー、ハーの彼女ではなくて、…ガールフレンドの彼女と言いますか。」少し赤くなります

芝村 :
バロ:「友か。まあいいんじゃないか。友でも」

バロは着替えた。

中々素敵なおじさまだ。

高神喜一郎@紅葉 :
「友では寂しいですね。恋人・・・が・・・・」ちょっと見とれます。ほほを染めて<すてきなおじさま

芝村 :
バロ:「恋人か」

バロは急に笑った

高神喜一郎@紅葉 :
我に返って様子をうかがいます

芝村 :
バロ:「いや、昔好きだった女がいた。同じことを言った」

高神喜一郎@紅葉 :
「そうでしょうね。だってバロは、素敵ですから。」微笑みます

芝村 :
バロ:「…素敵ではない。さ、いくまえに」

バロ:「そなたに好きな服を」

高神喜一郎@紅葉 :
またたきします「…私の服を、ですか?」

芝村 :
バロ:「今の格好も美しいが」

バロ:「俺に合わせて選ぶのはいやか?」

高神喜一郎@紅葉 :
「そんなことないです!ただ、バロから何かをいただくのは初めてだったので、少し驚いただけです。」

「どうせいただけるなら、私の好みよりも、バロの好みで選んでもらえるのが、一番嬉しいです。」にっこり笑います

芝村 :
バロ:「お前の喜ぶ顔がみたいのだ」

バロ:「……黒に合う色は?」

高神喜一郎@紅葉 :
「ただ私が欲しいだけの服ならいつでも買えます。バロが私のために買ってくれることが、重要なんですから。」

「黒に合う色、ですか。」考え込みます

「白い色が、合うと思います。」

芝村 :
バロ:「白か」

バロは渋い顔しながら、白いドレスを貴方に選んだ。

ひらひらしてるぞ。

少し優しい顔だ。

高神喜一郎@紅葉 :
そっと指先で触ります

芝村 :
バロ:「いささか華やか過ぎるか」

高神喜一郎@紅葉 :
「うーん…でもバロの服の隣では、合わない気もしますね。…黒い色では、どんな服が私に似合うと思ってくれますか?」

芝村 :
バロは白いワンピースを選んだ。靴も一緒に。

高神喜一郎@紅葉 :
靴も白色ですか?>芝村さん

芝村 :
銀だね。

ヒールが高い

高神喜一郎@紅葉 :
「ガラスの靴みたい…素敵です、すごく」

芝村 :
バロは微笑んだ。

バロ:「そうだろうな」

バロ:「着替えて歩かんか」

高神喜一郎@紅葉 :
「ええ、少し待っていてください」試着室に入って大急ぎで着替えます。服を傷めないように。店員さんには着たまま帰りますといってお金を。

「お待たせしました」

芝村 :
はい。

バロは微笑んで、貴方の横を歩き出した。

高神喜一郎@紅葉 :
横を向いてバロの顔を見ます

微笑んで

芝村 :
バロは前を見ている。

どこか悲しそうに、でも微笑んで。

高神喜一郎@紅葉 :
そっと肩に手を乗せます「…何か、ありましたか?悲しそうに、見える。」

ヒールで身長が少し上がっているはずなので、いつもより近くから表情を見ます

芝村 :
バロ:「シオネ=アラダのいるところ、太陽がのぼり、シオネ=アラダのおらぬところ、太陽は翳る」

高神喜一郎@紅葉 :
「…私では、バロの太陽にはなれませんか?」手を握ります

芝村 :
バロ:「誰しも誰かのかわりにはならんな」

バロ:「いこう。ここでも風はつめたい。もう太陽は、ないのだから」

/*/

高神喜一郎@紅葉 :
「では私は、高神喜一郎として、あなたを愛しています」

芝村 :
はい。おつかれさまでした。

高神喜一郎@紅葉 :
うわああああああ

おつかれさまでした

芝村 :
うん。

試練失敗(笑)

またのおこしを(笑)

高神喜一郎@紅葉 :
ですよねー・・・

はい・・・

2月は赤オーマのとこにいくようなことを聞いたのですが

2月にもバロは呼べるのでしょうか?

芝村 :
今年はいかないんじゃないかな。バロ。シオネを思い出して。一人歌うだろう

高神喜一郎@紅葉 :
うわあああああああああああああああ

なかせた・・・なかせた・・・orz

芝村 :
貴方にシオネの格好をさせて歩いてた

高神喜一郎@紅葉 :
おま・・・・おま・・・・・・・・・、どえむですか?

芝村 :
どえむってなに

高神喜一郎@紅葉 :
代わりにはなれないって分かってるくせに、同じ服を着せると言うのは、なかなか心が痛いのではないかなと

芝村 :
痛いね。

貴方を喜ばせるいいコーディネイトを、他に思いつかなかったんだよ。バロは

高神喜一郎@紅葉 :
で、ですよね・・・・うう・・・ごめんねごめんね、黒にしとくべきだった・・・

うわあああああああああああ

すごい、なんか、良心が・・・

あー、ということは、この服装を以前にシオネにも選んであげたんですね

芝村 :
いや、シオネの服装だよ

それを真似ただけ

高神喜一郎@紅葉 :
アイタタタタタタタ

なんか試練失敗どころかいじめたおしにきたきがしてしかたないんですが・・・

芝村 :
そんなことはないさ。

バロは悲しいけど、幸せだ

高神喜一郎@紅葉 :
シオネ投影する対象ができたことが、ですか?<しあわせ

芝村 :
いや、シオネはシオネだ

高神喜一郎@紅葉 :
(ほっ

やりたいこととやらなければならないことが、同じだから、ですか

芝村 :
奴にとってシオネは絶対、どんな他人でもかわりにはならない

高神喜一郎@紅葉 :
ええ、そうだろうと思います

思い出にまで踏み込んで・・・いかないとでも、だめなんでしょうか・・

芝村 :
行かないでいいと思うよ

高神喜一郎@紅葉 :
はい、では、その辺は今のままで

芝村 :
はい。では解散しましょう。お疲れ様でしたー

高神喜一郎@紅葉 :
はい、ありがとうございました。あ、今回の服はアイテム辞典への登録は必要でしょうか?

芝村 :
どちらでも

おすきなように

高神喜一郎@紅葉 :
はい、マイル必要なので登録させていただくと思いますー。お引止めして申し訳ありませんでした、今度こそ失礼します。

芝村 :
ではー

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
新垣結衣 ビキニでハシャギすぎるから。。。
。 http://blogs.yahoo.co.jp/natunatu_kiss ...続きを見る
新垣結衣のDVDで マン肉がはみでてる
2008/03/31 19:51

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
編集中 モミジオブメープル裏番組/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる